BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

レビュー 記事

The SALOVERS古舘佑太郎の新バンド名、まさかの「2」(ツー)

 検索される気あんのか。

 元The SALOVERSの古館佑太郎が新しく結成したバンドその名も「2」(ツー)

 湯婆婆に文字かすめ取られた後みたいな極限のシンプル。千尋でも1000あったのに998減。しかもメンバーは4人。何?

The SALOVERS

 音楽を聴き始めたばかりの16歳の皆さんの為に前身バンドであるThe SALOVERSの話をしようと思いましたが、最低なタイトルで過去に記事にしていたのでそちらをご覧ください。

大失敗、The SALOVERS

 今でもかっこいい。

 閃光ライオット(今では未確認フェスというのに変わったらしい)世代の人間だったら嫌いな人間いないんじゃないか。

 The SALOVERSからナンバーガール等のオルタナティブサウンドにハマっていった20代も多いはず。そんなバンドのボーカルが新しくバンド始めたってんなら聴くしかないじゃん?

 バンド新しく始めるって途轍もなく大変なことで、もう一度音楽をやってくれてることに本当に感謝したい。

 

2

まずは聴きましょうよ、「2」

 ハチャメチャにいい。サラバーズから変わらず圧倒的な詩の世界観。銀河の向こうの話から急に目の前の女の話。めっちゃ好き。

 あのナンバーガールよろしくな感じから、ブルーハーツのヒロトがギター持っちゃいましたみたいな感じになってる。ギターの加藤君かっこよすぎやしませんか?侍ギタリストってこういう人のことを言うんか。調べれば元ポニーテイルスクライムの方だそうな。

 で、今は「2」と並行して銀杏BOYZでもギターを掻き鳴らしてるって。

 バンドに乗っかった情報だけでご飯3杯食パン2枚イケますね。

 めちゃめちゃいい。

 めちゃめちゃいいけどバンド名どうしちゃったんだよ。

 さて、一体全体「2」とはなんぞやって声も上がってきたところでプロフィールでも、

 

古舘佑太郎と加藤綾太を中心に2017年結成。
双方とも所属していたバンドを無期限活動休止していたが、「バンドで音を鳴らしたい」という欲求が抑えられず、結成に至る。
結成の為にyuccoを北海道から無理矢理招集。
結成の為に赤坂真之介を就職先から無理矢理招集。
古舘佑太郎の独創性溢れる焦燥的言語感覚が、キレ味あるオルタナティヴ・サウンドに乗り、酸味の効いた主旋律を鳴らす。
これはロック・バンドという素晴らしいダイナミズムを知ってしまった人間たちの業であり、エピソード2に当たる

 衝動で生き過ぎだろ。

 北海道から東京に無理矢理招集とか距離的にほぼ拉致と何ら変わんないからな。実家に挨拶とかちゃんと行ったのかな。「お父さん、娘さんとバンドやらせてください!東京で」ってちゃんと言ったのかな。

 Baの赤坂さんに至っては就職先から無理矢理招集されてますからね。そんなことあり得んのかよと気になって「赤坂真之介」ってグーグルで検索したらGtの加藤くんと一緒にバンドをやってた方なんですね。こんなに簡単に過去の経歴出て来られると益々本名で活動したく無くなるな。

 バンド休止しちゃったから就職しよーって決断した矢先、元バンドのボーカルから声かかったと。ボーカリスト勝手し過ぎ問題。

 あっ

”これはロック・バンドという素晴らしいダイナミズムを知ってしまった人間たちの業であり、エピソード2に当たる”

 しれっと普通に「2」にした理由っぽいこと書かれてたわ

 エピソード2って意味らしいです!

 ありがとうございました!

 さようなら!

 

二足の草鞋

 こんなんで終わってたら音楽通の方々に刺されちゃいそうなんで、最近のバンドの顔である古館くんにも触れていこうと思いました。

 実はこの古館佑太郎くん、今俳優もやってんすね、全然知らなかったです、すいません。

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」に出演していたようですね、しかも結構いい役頂いちゃってたみたい。

 バンドマンと役者の二足の草鞋、全然賛成ですけどね。銀杏BOYZの峯田もやってたし!星野源だってそうだし。

 そうやってどんどんお茶の間に浸透して行ってしまえばいいなって思いますけど音楽好きバンド好きの皆さんどうですか。

 あー私の古館くんが皆に知られちゃった、、、みたいな?

 二足の草鞋なんて失敗する!みたいな?

 その感覚もう古いと思います。

 音楽が売れない時代にお茶の間まで顔と名前を知らしめるのって相当大変なんですよね、ましてやバンドとなると。

 このままノリにノって将来はチューボーですよみたいな番組やってほしいです。

 好きだったんですよチューボーですよ。

 

エピソード2

 僕は松田聖子のエピソード3を待ちわびております。

 さようなら

オススメ記事

記事検索

オススメ記事