BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

2016/01/22

記事

混乱の国立競技場 ポールはプロのはずだった!?

ポールマッカートニー_NEW_A
テレビのニュースでも報道されたので
たくさんの人が知っていると思うが、
日本公演を行う予定だったポールマッカートニーが
ウイルス性炎症のため全日程を中止した。

五月十七日
ポール来日公演初日。
東京の国立競技場へ向かうべく、新幹線に乗った。

初めて観るポールを想像して浮ついた気分で駅弁を食べる。
16:00頃に会場に到着する予定だったので、
友人に連絡を取ると15:00頃から物販に並ぶつもりとのこと。

東京駅に着き友人にまた連絡をする。
人が多くて列が進まないらしい。

JRを乗り継いで、千駄ヶ谷の駅へ。
ローリングストーンズのTシャツを着た兄ちゃんが乗り込んでくる。
少し疑問に思ったけれど、出口の階段へ向かう。

階段の途中から改札まで人で溢れかえっていて
ポールすげーなぁ、なんて思いながら少し待っていると

「本日のポールマッカートニーの公演は
本人の体調不良の為、中止となります。」

体調不良?なんだそれ。

落胆しながらも友人と合流するため会場に向かって歩いていると、
色んなことを話している人がいた。

「ポールの体調が心配だ」
「大分から来たのにどうしてくれるんだ!」
「明日の公演はどうなる?」
「今日は延期なのか中止なのか」

最終的には日本公演は全日程中止、振替公演の予定もないみたいだが、
当日は「明日以降は開催予定、振替公演は月曜日」
とアナウンスされていた。
Evernote Camera Roll 20140523 143338

会場周辺は一見冷静な人達ばかりに見えたが、
多数の人達の顔は曇っていた。
缶ビール片手にビートルズを熱唱する若者、
怒鳴り散らすおっさん、
呆然と座り込むポールのTシャツや帽子で身を固めた集団。

遠方から来た人や平日は来れない人達が何とか滞在を一日延ばし、
日曜日のチケットを手に入れようとして
オークションでも価格が高騰していたようだ。

そして、日曜日。
私は都合が付かず、帰ったのだが
友人は何とかチケットを手に入れて
会場へ向かったらしい。

結果はまたもやギリギリの中止発表。

何故、当日の開場時間を過ぎてからの発表になったのか。
初日であれだけのファンを混乱、落胆させておいて
もう少し何とかできなかったのだろうか。

ポールが直前までやりたがったから発表が遅れたと言われているが、
サウンドチェックも行われていないので、
遅くとも昼の時点で中止になることは
主催者側もわかっていたことになる。

確かに緊急の事なので大変だったとは思うが、
ファンを蔑ろにする様な対応には腹立たしさを覚えてしまう。

チケットが取れず、どうしても観たくてオークションで高値で買った人達や
交通費、宿泊費をかけて遠方からこの日の為に東京へ駆け付けた人達の
金銭的ダメージも大きい。

過密なツアースケジュールではポールの年齢を考えても
病気になるのは仕方のないことだと思うが、
どうしても三月に来日して圧巻のパフォーマンスを披露した
ローリングストーンズのミックジャガーと比較してしまう。
彼の体調管理はさすがプロ、といったものだ。

とは言っても、
まさか伝説のスーパースターをアマチュアだなんて言うつもりはない。
昨年の来日公演は水も飲まず、
ぶっ通しの凄まじいライブだったみたいだし。

ただ、本当に楽しみにしてたんだ。
悪態の一つもつきたくなる気持ちを察してくれ。

でも一番の願いは
やっぱり早く元気になってほしい。
どれだけ悪態をついても
そこだけは変わらないだろう。

現在、日本で入院中らしいが
心から回復を祈っている。

オススメ記事

記事検索

コスパ最強のホームページ制作 Waves design

オススメ記事