BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

まったりしよう 大山百合香

大山 百合香(おおやま ゆりか)は鹿児島県奄美群島沖永良部島出身(中国語のようだ。)のアーティスト。

深い透明感と、やすらぎに満ちた歌声。せかせかした音楽が好きな人も立ち止まってきいてほしいアーティストだ。

小さな恋のうた 大山百合香

そう、ご存知モンパチことMONGOL800の小さな恋のうただ。

おいおい、カバーかよ。と思うなかれ。

小さな恋のうた、数多のアーティストにカバーされてきたが、聴いた中ではこのカバーが一番心地いい。

民族調、カントリー調がしっくりきている。

なんと表現したらよいのかわからないが、大山百合香の声は内包する情報量が多くないだろうか。

しっかりトレーニングを積んでいるだろうボーカルを聴くとこういう感覚になることが多い。

実際ヴォーカル学科卒らしい。私も真剣に通おうか悩み始めている。

「小さな恋のうた」はCMで聞いたことがあるかもしれない。

アルバムにはもっといい曲が入っている。余り知られていないのがもったいないと思う。

オリジナルも良い感じである。

大山百合香 - 夏のしずく

冒頭の弦の音が卑怯である。ゾクゾクする。

ボーカルだけ聴き入るなかれ、バックの演奏がすごい。

ギターのワウ混じりのカッティングが半端じゃない。エレピも手練の音がしている。

誰が弾いているのかさっぱり知らんが、強者臭がすごい。

ちょいちょい河童の映像が入って、なんだと思った人もいるだろう。

この楽曲、『河童のクゥと夏休み』というアニメ映画の主題歌になっている。

劇場版「クレヨンしんちゃん」シリーズの「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」で子供だけでなく大人たちも感動させ、高い評価を受けた原恵一監督によるアニメ。木暮正夫の児童文学を原作に、不思議な力を秘めた河童のクゥと少年の友情を描く。小学生の康一は、学校からの帰り道に大きな石を拾う。持ち帰って洗ってみると、それはなんと河童の子供だった。康一は河童にクゥと名付け、一緒に暮らし始めるが……。

あまりに完璧な解説なので、そのまま公式より引用。

異論は認めるが、劇場版「クレヨンしんちゃん」シリーズでは

「 雲黒斎の野望」「ヘンダーランドの大冒険」「オトナ帝国の逆襲」「戦国大合戦」が好みである。

その、『オトナ帝国』、『戦国大合戦』を作った人間の新作だ。

この二作品、『クレヨンしんちゃん』の作品ではあるものの内容が重い。というかオトナ向けである。

『河童のクゥと夏休み』の内容も、攻撃的だ。

人間の汚さが全編通して痛烈に描かれている。

それを大山百合香の優しい声が包み込む。

映画もオススメだ。

温かいのだが、私は終始毒々しい感じを受けた。

『かっぱちゃんかわいい~!』という純粋な子どもが観るのには向いていないと思う。

さて、沖縄や南方の島々の出身の歌手って、民謡の歌唱法を多用して独特な世界観を出すフシがないだろうか。

当然素晴らしいのだが、延々と聴いていると疲れてこないだろうか。

大山は、多用はせずに 『ここ!』というポイントで入れてくる。

パッっと花が咲くような個性の出し方、素晴らしいと思う。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事