BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

直球勝負 Menoz

凝った展開、キメが大好きな私は最近の邦ロックに少々インポ気味だった。

そこで聴いてしまったMenoz、まっすぐ本当にまっすぐな彼女らにガッツリやられてしまった。

Menoz(メノズ)は東京を拠点に活動する5人組だ。ちなみに涼宮ハルヒのENOZとは関係はない。ない、よね?

Menoz

私をぶち殺した『未来少年』

キラキラしてる。楽しそうだ。

アオリで、もう中学生がチラついた私を責めるのはよしてくれ。

死んだ魚のような目をした魚のような生き方をしている私たちの目には眩しいほどだ。

ありがちだが、イントロでタイトルを叫ぶ感じ、かなり好みである。

表現が先に来ている気がする。言い方を変えれば、技術が表現に追いついていない印象だ。

ボーカルはこの荒削りな感じがとても良いが、その他演奏はもっとカッチリしていたほうが絶対映える。

リズム隊はどっしりした印象を受けるが、上物にもう少し頑張ってほしい。

音楽的なウリとしては、ギターのシューゲイザー的なアーミングを使ったアプローチだろう。

が、ミスが多い。アーミングが『がしっ』と決まれば、面白いサウンドになるはずだ。

彼女らの代表曲「現代のケモノ」

この楽曲もライブでは、『未知なるケモノを解き放て、現代のケモノ!!!』 とタイトルコールがある。

タイトルコール、いいよね。

ブラウザバックするなよ!!!後半から『え?別の曲』となるほど強烈な展開がある。

それまでの少々たるい展開は餌だ。してやられた。

私は未来少年とこの曲で完全にヤられた。

ライブの定番曲「ウェザーリポート」

すっと演奏が消えたあとのリフが映える。コミカル。隙間をちょこちょこ埋めようとする心意気が素晴らしい。

映像からわかる通り、彼女ら自身が一番音楽を楽しんでいるのが伝わってくる。

「僕らのナツ。」
声から楽しさやワクワクした気持ちがビシビシ伝わってくる。
抑揚のあるアレンジが映える楽曲だ。
カオスパートを含む展開も良い。
ギター頑張れ。

ドッシリしたリズム隊。その上で
Vo.はせわしなく動き回りながら、お世辞にも上手いとは言えない歌を体いっぱい唄い、
Gt.は黙々と、そして饒舌に曲を彩る。
そしてKey.が世界観に深みを加えている。

もっと有名になってほしい。彼女らに未来がありますように。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事