BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

暗黒4つ打ち KoЯn

4つ打ち。我々誰もが思わずノッてしまうことから『卑怯ビート』と名づけ色々書いてきたわけだが、なにもポップなバンドだけが卑怯ビートを使うわけではない。
とんでもない陰鬱さとヘヴィネスを兼ね備えたKornも使っているのである。
暗黒4つ打ち曲、Got The Lifeを皮切りに、Kornを知っていただけたら幸いだ。

暗黒4つ打ち

そもそも4つ打ちとは、超簡単に字面で説明すると『ドッツータッツードッツータッツー』である。
あ~もう聴いたほうがはやい。


Perfume - チョコレイト・ディスコ

万人の脳を汚染した究極の4つ打ち曲。ベースラインがかっこいい。
このビートは、使用すると楽曲をゴキゲンにしてしまうという魔力を持っている。
そこでKORN先生である。


Korn - Got The Life

イントロ、サビが4つ打ちである。
世紀末のような陰鬱さ。4つ打ちを使用してここまでのダークネスが滲み出る曲は本当に珍しい。
ベースの音なんぞ注意して聴いたことないぞ。という貴兄、よく聴けい。
所謂ドンシャリといわれる低音と高音を強調したベースサウンド、気持ちよくないだろうか。
フィールディの奏でるベースサウンドはドンシャリにもほどがあるほどドンシャリで、ボンキュッボンの真ん中なしの状態である。
ボン   ボン だ。胸と尻が浮遊していたらそりゃぁ目立つだろう。
曲中ジャリジャリしているサムシングがそれである。
2分19秒~のKORN語も要チェックだ。
彼ら、やたら語感のいいラッスンゴレライ的な言葉を曲中にぶち込んでくる。
ランバディブーランバディブー。

ボーカルJonathan Davisの歌詞も暗黒感をアップさせている。
虐待による自身のトラウマや苦悩が元となった歌詞の世界観は、私を含む世界中のネガティブ野朗を虜にした。
感情移入とはまた違う、人を惹きつける不思議な何かが彼の詞にはあると感じざるをえない。

Hate, something, sometime, someway,
something kick on the front floor.

何かを憎め
いずれ道は開けるだろう

憎悪が人を強くする、人の背中を押す。というのが彼の歌詞の根底にある。

小ネタだけでおなか一杯になるほど話題に絶えないバンドだが、ウィキペディア状態になってしまうので4つに絞ろう。

①バンド名がひどすぎる。

KoЯn、とあるゲイのカップルがお互いの局部を愛撫し合っているときに一方が脱糞し、もう一方の口にコーン入りの大便をぶちまけたことに由来する。
当時のマネージャーはまともな人間だったのであろう、これを拒否。
『この名前でなければお前の名前をバンド名にする』とバンドに半ば脅迫され、この名前に。
曲さえかっこよければバンド名なんかどうでもいい。ということらしい。
ここまでモンスターバンドになるとぶちまけられた人間も鼻が高いだろう。

②ボーカルの使っているマイクスタンドが高価すぎる
mic

これである。アディダスのジャージも彼のトレードマークである。ちなみに最近は色々着ているようだ。
マイクスタンド、エイリアンのデザインで有名な『H.R.ギーガー』デザイン、女体型である。
600万円ぐらいだそうな。
ダサいかっこいいは各々の判断に任せるとして、まともなボーカルがこれを使用するとマイクスタンドに食われるはずだ。
エイリアン的意味ではなく、存在感的な意味である。


KoRn - Ever be

あ、Slipknotのジョーイが叩いてる。
このマイクスタンドを使ってサマになるのは彼ぐらいだろう。
魔剣を使用者のオーラで打ち消すような、そんなイメージである。

③リズム隊がやばすぎる


KoRn - Drum and Bass Solo

ドラマー、レイ・ルジアー、ドラムセットからしてド変態である。
ギターが不協和音チックなフレーズを弾いていてもリズム隊、ドラムとベースはどっしり構え、崩れない。
彼らが出てきて以来、この手のバンドが一気に出てきたのも納得だ。

Skrillexと組んだ

今一番有名なんじゃなかろうかというエレクトロ・ミュージシャンSkrillexと組んだ。
スクリレックス
このSkrillexである。
暗黒的世界観を残したまま、ロックバンドKornはクラブミュージックに殴り込みにかかったのである。


Korn - Get Up! ft. Skrillex

脳がやられそうだ。
"Dance with me" と、冒頭で紹介した暗黒4つ打ち曲Got The Lifeの歌詞にあるが、本当に踊らせにきた。
あたかもそういうバンドが昔からあったかのような馴染み具合だ。
Kornのような超重鎮バンドがエレクトロ、ダブステップを思いっきり取り入れたのは、驚愕の事実である。
この両巨頭の歩み寄りは、相互のファンのシェアだけでなく、それ以降のニューメタル・ヘビィロック派生のバンドに大きな影響を与えたことは言うまでもない。
バンドKornが好きな層は複雑な心境ではあるだろうが、彼らからにじみ出る暗黒は消えない。

ちなみに私は少し寂しい。


Korn - Daddy

オススメ記事

記事検索

オススメ記事