BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

最近の「音楽好きなのにレコード持ってないの?」って風潮に異議を唱えたい

 こんにちは。「音楽好きなのにレコード持ってないの?」という圧に負けてレコードを買ってしまったクソ雑魚です。

 DJユースの名機、日本が誇るTechnicsのSL1200mk5を買ってしまった。どうだ!カッコいいだろうー

 とまあ公衆の面前で自慢するのはここまでにしておきまして、昨今のレコードブームと何故かオシャレアイテム的な扱いの風潮、CDよりも音が良くて暖みがあるとの評判。それらに惹かれて買ってしまったのは間違いないのだが、あまりにもべた褒めされていると疑りをいれたくなるのが人の性。

 音質が良いとか言うけど、大枚はたいて買ってしまった手前、みんな引っ込みがつかなくなってるだけじゃないのか。2時間並んで食ったラーメンがマズかったとしても、なんか認められないあの現象と同じことが起きてるだけじゃないのかと思うワケです。

 ということで今回はレコードの良いところ悪いところ、ホントに音は良いのか?とホントに買う価値はあるのかとか、そういう話をしていこうと思います。

こりゃ絶滅寸前まで行くわけだ

 買う前からある程度予想はついていたが、買ってみると身に染みてよくわかった。レコードは欠点だらけだし、マジで時代に合ってなさすぎる。初代モンハンと同じくらい色々不便。実際に触ってみるとCDにシェアを取られまくり絶滅寸前まで追い込まれた理由がよくわかる。

 ザックリ言えば「高い・デカい・手間が掛かる」の三重苦。負の吉野家。ただ音楽を聴くだけなのにコストが掛かり過ぎる。ということでまずはレコードのダメなところの話をしていこう。

 

クソ高い

 クソ高いなんて書くと老害が「それが本来の音楽の価値じゃ」とかほざきだしそうだが、正直言ってアップルミュージック、スポッティファイなどの配信で月1000円聴き放題に慣れてしまった我々にはクソ高い。

 レコード盤が1枚1000円~5000円、レコードプレーヤーが安くて1万~、持ってなければスピーカー+アンプで2万~、さらにこれに加えて針やカートリッジ、後はフォノイコライザーやケーブル類まで含めると相当な金が掛かる。

 最低限のものだけ揃えたとしても2,3万は余裕で掛かる。Nintendo Switchが買えてしまう。スイッチなら家でも外でも遊べるし友達と一緒にワイワイ出来るのに対して、レコードの方はただ音楽が流れるだけ。20年前のガラケーですらオマケくらいで搭載していた機能しかできない。流石にこれはクソ高いと言わざるを得ないだろう。

 因みにCDはデジタルなので、安物の機材で揃えたところでよっぽど問題ないが、レコードはゴリゴリのアナログの物質主義なので積んだお金がダイレクトに質に影響してくる。安物を買うと壊れたりピッチがおかしかったり音が悪かったりとかも少なくないようだ。僕の知り合いは安物ばかり買うせいで始めたばかりなのにもう3代目のプレーヤーを買おうとしてる。南無阿弥陀仏。

 

クソデカい

 とにかくデカい。

 比較のためにCDを置いたが、伝わるだろうかこのデカさ。ちなみに実際見ると写真でみるよりもさらにデカく見える。

 レコードの盤の方はデカくても飾っといたりできるのでまだ良いが、問題はプレーヤーの方。高さこそないものの電子レンジくらいの大きさがあるし上に物は置けないし、賃貸住みの人間にとってはシャレにならないくらいスペースを圧迫しやがる。

 家の大きさも財布の中身もコンパクト化している今の若者にとっては結構致命的なデカさである。

 

手間が掛かる

 スマホで音楽を聴く際は、鼻ほじりながら数タップするだけで流れるが、レコードはそういうわけにもいかない。

 毎回聴くたびに軽く掃除して優しく針を乗せて再生が終わったらイチイチ裏返して、とまあめちゃくちゃ大変というワケでないが地味に手間がかかる。名古屋市のごみの分別と同じくらい面倒くさい。

 この世には手間が掛かるからこそカワイイじゃんというドMも少なからずいるが、しなくていい苦労を買うほど暇じゃないしな。毎日する作業はできるだけ楽な方が良いに決まっている。そういうヤツは一度20年落ちのアルファロメオでも買って、無事に死亡してほしいなと思う。

 

レコードの良いところ…?

 ということでレコードのダメなところの次は、レコードの良いところを…と言いたいのだが、正直なところ良いところなんて音質くらいしかないし、音質に関してもCDの上位互換ってわけでもない。CDより良いところもあるし、悪いところもあるという感じ。割と好みの部分ではある。

 音質以外の部分は、まあせいぜい「自分が持ってる」感が強いことだろうか。所有感というか。

 単純にCDよりもデカいので、それだけで満足感が大きいし、あとCDは一度パソコンに取り込んでしまえば本体は必要なくなるが、レコードの場合は聴くたびに必ずレコードが必要になるところもポイント。

 レコードを聴こうと思うと必ず盤が必要になるので、自分が持ってる感がCDとは段違いなのである。アルバム一枚一枚への思い入れも全く変わってくる。

 特にお気に入りの一枚をレコードで手に入れた時の満足感は、レコードならではのものじゃないだろうか。数少ない長所の一つだが、これに関しては明らかにCDに勝っていると思った。

 

レコードの音質

 ということでいよいよ本題に入りたいと思う。音質に関して。

 先ほども書いたが音質が良いと言われているが、CDの上位互換というワケでは全くない。というか音のクリアさや正確さのような部分は割りと負けてる。よく言えばナチュラルな音だが、悪く言うとローファイな音といった感じだ。

 だがその分レコードの音にはCDにはない、何とも言えない生々しさと妙な説得力がある。これはもう言葉で説明するよりも実際に聴いてもらうしかない部分だと思うが、どことなく生演奏っぽいというか。

 ライブをレストランで食う出来立ての料理だとして、CD、MP3を冷凍食品だとすると、レコードはその中間のテイクアウトといった感じ。マスタリングの違いもあると思うが、CDよりも空間に馴染むし、ホントにこの場にいる感がする。この妙な説得力はレコードならではのものだろう。

 残念な部分としてはレコード特有のプチプチといったノイズも乗ることだろうか。アレも味と言えば味なんだけど、ずっとなり続けたりすると結構ムカついてくるしな。最初のうちはプチプチ言ってても物珍しさで「レコードっぽい!すげー!」となっていたが、慣れてくると若干ウザい。

 

レコードはCDよりもほんのちょっと良い代わりに膨大なめんどくささと金が掛かる、コスパ極悪の趣味

 買うか買わないべきかというと正直微妙なライン。というかレコードを買ったおかげで、普段のApple Musicのラクさと有難みが身に染みたし、レコードが廃れた理由が良く分かった。

 流行ってるからとか、オシャレだからといって手を出すにはヤバすぎる趣味だと思う。ハンドドリッパーとか鉄製のフライパンとかメイソンジャーとかがホコリまみれで家にあるようなやつには絶対続かない趣味だ。

 確かにレコードにしかない魅力はある。大好きな一枚をレコードで持っておく満足感は割とマジで他には代えがたいし、親父からもらった古いレコードを鳴らした時には何とも言えない感動があった。音楽が好きなら是非一度体験しておく価値はあると思う。

 あと所有感が凄いという話の延長だが、レコードはプレゼントにも割と最適かと思う。形に残るしもらうと割と本気で嬉しい。

 だがその魅力と「高い・デカい・手間が掛かる」の三重苦を天秤にかけると結構微妙なところなのだ。繰り返しになるが、レコードはCDよりもほんのちょっとだけ良いだけだし、音楽が聴ける以上のことは何もできない。正直コスパは極悪だ。リスクとリターン、ギブとテイクが完全に釣り合っていない。

 是非一度は体験してほしいと思うが、学生とか金がないバンドマンとかが無理して買う必要性は全くないと思う。レコードを買うよりも、そのお金でライブにいったりもっと沢山の音楽を聴いた方が100倍良い。

 社会人になって金が余り始めたら是非足を踏み入れて欲しいなと思います。

 ということで今回はこのあたりで!

オススメ記事

記事検索

コスパ最強のホームページ制作 Waves design

オススメ記事