BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

コラム 記事

2016年、絶対に外せない最強のファッションアイテムはこのバンド LUCKY TAPES

2016/07/16

最近の邦楽のポップス傾向、一番わかりやすい例は紅白にもでてたアイツ、星野源。
最近の邦楽シーンはそういった傾向のバンドが急に勢いを増してきた。ceroとかYogee New Wavesとか。星野源以下、そういったバンドがズラッと出揃ってジリジリとしてるわけですよ。
このままの勢いならば早ければ今年、少なくとも2,3年の間に邦楽の勢力図がガラッと変わっているに違いない。

そういったバンド、名づけるなら星野源系のバンド、彼らの特徴を一言で言うならばとにかくオシャレ。
その中でもブッチぎりオシャレ度の高さと演奏力の高さを誇るのが、今回紹介するバンド、LUCKY TAPES。

要するに今アツい界隈の、アツいバンドということだ、2016年の音楽シーンに乗り遅れないための、必修バンドだと思うんですよ。


スポンサードリンク

もはやファッション雑誌

アツいバンドとは言え、まだ知らない方のほうが多いだろう。
まずはPVを見てもらいながら話を進めたいと思う。


LUCKY TAPES - Touch!

音楽も映像も雰囲気は非常に爽やかだが、中身は非常に濃厚。濃厚にオシャレ。
彼らのPVから溢れ出すファッション雑誌感。便乗して記事のタイトルもファッション雑誌の煽りっぽくしてみたけど、伝わっただろうか。
ファッション雑誌っていうのは要は「今こういう格好をするとオシャレなんですよ」という指針を作り出す最前線的なところがあるが、彼らの音楽と映像からはファッション雑誌のそれと全く同じもの、「今はこういう格好してこういう音楽聴くのがオシャレなんですよ」というアレを感じる。バンドメンバーはもちろんのこと、周りで揺れてピザ食ってるだけのオーディエンスまで全員メンノンとかの雑誌に載っていそう。ヒゲ面のロン毛が一人混じってる辺りまで含めて完璧。

筆者が日陰の当たらない人生を送ってきた関係で、こういった楽しそうな人たちをみると反射的にケチをつけたくなるが、正直なこというとめっちゃ良いと思う。
オシャレなのは良いことだし、こういう人たちって人に迷惑掛けないタイプの人たちだし積極的に流行って欲しい。あと多分みんなインスタ大好き。

 

オシャレな上に音楽がマジでガチ

オシャレだってだけでアレなのに、さらに彼らマジで楽器が上手い。


LUCKY TAPES - Gun

ブラックミュージック的なリズムのノリ、楽器演奏者の間では”黒いビート”とか”黒いグルーブ”といった具合に”黒い”という形容詞で表現されるのだが、彼らのビートはマジで黒い。
特にやばいと思ったのが上の"Gun"って曲のサビのドラム。具体的に言うとハイハット(チッキチッキいってる楽器)のハネ方なんですけど、これがマジで日本人離れしている。人種ごとにルーツとなるリズムってのがあるんですけど、どうやら日本人のルーツのリズムは黒人のそれから相当離れているらしく、黒人のノリを真似するのが非常に難しいんですよ。最近の星野源系のバンドも含めてブラックミュージックから影響を受けた邦楽は昔からあったが、結構なバンドがその辺の部分を曖昧なままやっている感じがあって。もちろん日本人っぽいリズムもそれはそれの良さがあるんだけど、とりあえずLUCKY TAPESはグルーブに関してはマジで”黒い”。ヤバイ。
他にもギターのフレーズの引き出しの多さとかキーボードのエロさとか全体を通して非常にハイクオリティな音楽であると思う。

 


 

いかがだっただろうかLUCKY TAPES。
オシャレで演奏うまくてと非の打ち所が全くないバンドだ。

完全に余談になるが、LUCKY TAPESのボーカル、クリープハイプのボーカルにめっちゃ似てる気がする。髪型のせいもあるとは思うけど。
LT_2015
こっちがLUCKY TAPESで
ph_main07
こっちがクリープハイプ。
髪型とあと口と目だろうな。

ということで今回はこのあたりで!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事