BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
尾形真夜中

2015/09/07

記事

ど直球にポップでロックな魅力溢れる『ボールズ』が来る。

 

本当に美味しい牛肉は塩と胡椒をぶち撒いてシンプルなステーキにするのが一番いい。
ここはクックパッドじゃないので詳しいレシピはそっちで調べてくれ。

僕が言いたいのは、ボールズもそういうバンドだということだ。聴いてみよう。


 

 

ボールズ(ex.ミラーマン)は関西在住の5人組バンド。昨年の夏にユニバーサルミュージックから発売されたアルバム「スポットライト」でメジャーデビュー済。
公式HPのBIOGRAPHYによれば、月のライブオファーは30本以上にもなり、東京と大阪の2大都市で行った自主企画はどちらもソールドアウトという最高にホットなバンドだ。


 

良い声。

頭の悪い見出しになってしまったが、彼らのシンプルな魅力をシンプルに伝えるにはもってこいの言葉だと思う。
特筆すべきは、ギターボーカル山本剛義の持つその。仕事中にたまたまラジオで上記の「通り雨」を耳にした僕は、歌い出しを聴いた時点で即座に仕事を投げ出してitunesでアルバムを購入した。

その声には万人を1発で惹きつける魅力が宿っている。高らかに歌い上げれば心に響く。囁くように歌えば心に染み渡る。少し掠れているところに人間味と親近感があるから、歌う内容に説得力が増す。
この声ならどんなふざけたこと歌ってもかっこいい気がする。ずるいぞ。

 

良い音。

ボールズのサウンドは、そんな山本の声の持ち味を最大限に引き出している。

斬新な取り組みや意外性に富んだ展開があるわけでもない。今まで積み上げられてきたポップの礎を崩すことなく丁寧に踏襲している。しかし、それだけでここ数年の「小難しい事やってますよ系」のバンドを鼻息一つで吹っ飛ばすくらいの戦闘力を誇っている。王道や。王様の道や。
それを支えるのは山本の声も勿論ではあるが、5人編成のギター3本という点だ。単調になりがちな王道ポップの弱点を、左右でそれぞれに鳴らされるアルペジオやバッキングの多様性がうまいことカバーしている。
それでいてどのパートも過度な主張をせずに、一体感を持って「ボーカルの声」を担ぎあげている。多分、メンバーみんな普段から仲いいんだと思う。PVの表情もみんないい顔してるぜ。

 

良い歌詞

磨りガラス越しに映る小さな影に
手を振り別れを告げたらどこへ向かおう
生憎の通り雨 誰もいない この部屋の中で
お前が残した言葉なら今も覚えてるよ
(通り雨)

 

くもり空 いっそこのまま雨を降らせよ
まだ帰るには早いんだと本当は言いたかった
行く当てもやる事もないこんな日はただ
退屈の中に君の影を探してしまうよ
(スポットライト)

「分かるわ~」ってなる人が多いと思う。やたら生々しいバンドとかじゃあ喋ればいいだろってバンドも良いんだけど、女子中学生から40超えた中間管理職のオッサンまで幅広く頷けるような歌詞というものはなかなか書けたものじゃない。
そこへいくとボールズの場合、どこにでもある男女の恋愛や普遍的な生活について、明言を避けた詩的な表現で歌にしている作品が多い。
インタビュー記事によると彼らは「売れたい」「朝ドラの主題歌をやりたい」との思いを抱いているようだ。良いと思う。ぜひとも朝のNHKで流れて欲しい。パンツ履かないバンド森鴎外の舞姫をススメようと渡したら見事に断られたバンドも良いよ、けど朝の地上波には(ましてや公共放送であれば)こういう毒のないバンドが相応しいし、ボールズにはそういうステージが似合う。なんならそのまま紅白を目指したって違和感はないと思う。お茶の間向けだ。

 


 

良い未来

そんな感じのボールズは、来月6月24日にセカンド・アルバム「SEASON」をリリースする。
公式HPから収録される曲のうち、いくつかを試し聴きすることができる。メロディワークの引き出しが明らかに増えており、よりキャッチーな感触に仕上がっていそうだ。

中毒に陥るような依存性を持ったバンドでは無いかもしれない。それでも、あなたの生活のどこかに彼らの音楽があれば、辛い時や悲しい時にひっそりと支えてくれるはずだ。

最近奥さんが冷たいそこの旦那さんにも、バンドマン崩れのフリーターにも、期末テストが億劫な学生の諸君にも。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事