BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

ジャミロクワイゲームがクソすぎる

Jamiroquai(ジャミロクワイ)は知っているだろうか?
とんでもなく有名なバンドなのでご存じの方も多いだろう。
謎のジャミロクワイゲームなるものが主に私の中で流行り始めたので記事後半にて紹介したい。
あまり聴いたことがない方もこれを期にジャミロクアイを知っていただければ幸いである。

アシッドジャズってなんだ

Jamiroquai(ジャミロクワイ)はイギリスのアシッドジャズバンドである。この手のジャンルだとIncognitoなんかも引き合いに出ることが多い。
超ざっくり言ってしまえば『踊れるジャズ』である。
ジャズの洗練されたお洒落さはそのままにソウルやファンク、ハウス、その他もろもろをごちゃまぜにしたような音楽だ。

Jamiroquai

Jamiroquaiはそんなアシッドジャズバンドの中で最も成功したグループといっても過言ではない。日本でもとてつもない知名度がある。
というのも日本で彼らがカップヌードルのCMのタイアップを務めたことも大きな要因の一つであったはずだ。


日清カップヌードル Jamiroquai編

日清のCMに金かけすぎ度が半端ではなく毎回楽しみにしている。
フレディマーキュリーのそっくりさん、MISHA、GLAYなんかも出演していた記憶がある。
Jamiroquaiのスーパー代表曲をコミカルな替え歌にしてしまう日清、引いては金の力に脱帽である。
下記で紹介するが、原曲は『Virtual Insanity』これでも十分雰囲気は伝わるんじゃなかろうか。
ちなみにではあるが、最初だけボーカルは本家ジェイソン・ケイ、途中からは、ミトカツユキが担当している。
口の動きが完全に一致しているのであやうく騙されるところだったが、落ち着いて聴けば違いがわかるだろう。
ミトカツユキもかなりアツいアーティストなので気になる方はぜひ検索してほしい。


Jamiroquai - Virtual Insanity

本家。『踊れるジャズ』が感覚的に理解できるんじゃなかろうか。
フロントマンのジェイ・ケイが動く床と戯れるように歌う姿がなんとも印象的である。
実は動いているのは壁らしい。
こういう音数が少ない楽曲はプレーヤーのスキルがモロに出るが、文句なしにうまい。
深くは触れないが、歌詞も非常に面白い。世界や未来が、ヴァーチャルな狂気に満ちた世界だと憂いているといった内容だ。


Treadmill Dance (Treadmill Insanity)

ランニングマシーンを使ってVirtual Insanityを踊る謎の男の映像も、本家が紹介したこともあり話題になった。
カップヌードルのくだりで金の力と書いたが、本質的におもしろいことが好きなんだろうと思う。

Jamiroquai、メンバーの入れ替わりが非常に激しいためフロントマンのジェイ・ケイ1人がスポットを浴びやすいが、ジェイ・ケイのソロユニットではない。
むしろ初期ベーシストのStuart Zenderを推したい。

Stuart Zender

彼について語りだすと止まらないのでなるたけ簡素に。
ジャミロクワイのベーシストは総じてうまいのだが、私の中では彼が一番である。異論は認める。


Jamiroquai - Manifest destiny

とにかくベース、ベースを聴いてほしい。イントロから弾いているのでわかりやすいはずだ。
ベーシストはかくあるべき。を地でいっているベーシストだ。
音数が非常に少なく、本当に無駄がない。ギタリストでいうなら浮雲っぽいベーシストだと思う。
センスという言葉はあまり好きではないが、彼のベースラインはセンスがあるとしか言いようがない。
伸ばす、切る、というベーシストの基本にして最強の武器で楽曲を彩る。
それに加え、ボーカルのメロディを全く邪魔しない。
派手さはないが、私はStuart Zenderが最強のベーシストの一角であると信じて疑わない。
途中で脱退してしまうのだが、楽曲がダンス寄りになってしまったのが影響しているのではないかと思ったりもする。

ジャミロクワイゲーム

本題に入るのが非常に遅れたが本題。
一番最初に紹介した代表曲『Virtual Insanity』のMVを模したクソゲーが主に私の中で話題である。
その名も『ジャミロクワイ・ゲーム』
もう言葉で語るより映像を観たほうがいいだろう。


Jamiroquai Game - Re-enact THAT Famous Virtual Insanity Video

どうだい?
ジェイ・ケイ風の男を操作し、ひたすらにソファーを避けるというクソゲーだ。矢印キーですべて操作できる。
やたらヌルヌルした動き、『Virtual Insanity』のお洒落感、ソファーに当たった後のシュールさ、すべてがこのゲームのアホさを増長している。
一体誰得なんだろうか。一体誰に向けたゲームなんだろうか。
この記事をここまでまともに読んでいるあなたに違いない。

GAME JOLT にて絶賛無料ダウンロード中である。
(海外サイトなので気になる方はご注意を)

筆者、この記事を書く前にジャミロクワイ・ゲームをやっていたわけだが、
最高スコア、230。上手いのか下手なのか、一切わからない。別にわかりたいとも思わない。
なんとなくコツとしてはとにかく画面前面をキープ。サイドの壁には近寄らないことだろうか。

Virtual insanity is what we're living in

僕たちが暮らしてるのは仮想狂気の中

私のジェイ・ケイを越えられるかな?

オススメ記事

記事検索

オススメ記事